ソウルミュージックで楽しんでますか?

ズートスーツを摩耗させた「熱帯の悪漢」でさえ、幼年期がGoing Placesと呼ばれるKidのクレオールの回顧展の外観で証明されるようにあります: Going Places: The August Darnell Years 1974-1983。

15の道の過程にわたって、付与の下の彼の始めからのミュージシャン、、および作家がBuzzard博士のSavannah BandのメンバーとしてKidとしてクレオールであることで知られているCoconutに向かっているジャンルプレーボーイに対する彼の開発で8月をダーネルと命名するとき、Going Placesはクレオール語の進歩を記録にとどめます。

パリのDJのDJのグイドはGoing Placesで選択をコンパイルしました。(Going Placesは道が最終的に彼らの最初のCD出演をするまれで拡張しているバージョンを含んでいます)。 それを皆、仕上げるために、パッケージにライナーノートを含んでいて、ジャーナリストのヴィヴィアン・ゴールドマンは書きました。

Going Places: 8月のダーネルYears1974-1983は4月14日にStrut Recordsを通ってイギリスで出て来ます。 この夏に、クレオール語には予定されたイギリスのショーの一握りがあって、彼がまだ別に成立させている子供は世界中で目立ちます。

Going Places: The August Darnell Years 1974-1983:

01 Dr. Buzzard’s Original Savannah Band: “Sunshower”
02 Don Armando’s Second Avenue Rumba Band: “Goin’ to a Showdown”
03 Kid Creole & the Coconuts: “Going Places (Zemix Version)”
04 Cristina: “Is That All There Is?”
05 Gichy Dan’s Beachwood No. 9: “On a Day Like Today”
06 Machine: “There but for the Grace of God Go I (LP Version)”
07 Don Armando’s Second Avenue Rumba Band: “I’m an Indian Too (12″ Version)”
08 Aural Exciters: “Marathon Runner”
09 Coati Mundi: “Pharaoh (Can’t Take It to the Grave)”
10 Aural Exciters: “Emile (Night Rate)”
11 Kid Creole: “He’s Not Such a Bad Guy After All (12″ Version)”
12 Ron Rogers: “Don’t Play With My Emotions”
13 Kid Creole & the Coconuts: “ on Back”
14 Aural Exciters: “Paradise”
15 Kid Creole & the Coconuts: “Off the Coast of Me”

Read full story