ソウルミュージックで楽しんでますか?

Sweet Inspirations – This World – 1972

ものが60年代に精神、RB、ポップス、岩石、またはニューヨークの少女グループ・レコードを切っていて、女性のバックアップボーカルを必要とするなら、多分、それらは最初に、Sweet Inspirationsを手に入れようとするでしょうに。

頻繁な録音へのDrifters、ヴァンモリソン、ウィルソン・ピケット、、ガーネットMimmsによる当りを含むそれらの道と最も上手に見つけられたグループ、アレサフランクリン(時々彼らと旅行した)。

グループは50年代の福音グループからDrinkard Singersを発展しました。

様々なポイントでは、精神歌手ドリス・トロイ、Judy Clay、ディオンヌ・ウォリック、および姉妹ディーディーウォリックはメンバーでした。

彼らが1967年にそれら自身のに記録し始めた時までには、彼らのリーダーはCissy Houston(ホイットニーの母親)でした、そして、女性はSweet Inspirationsに改名されました。

大西洋録音条例として、グループはソウルと福音との近いリンクの最も明確なイラストの中で調和を格付けするいくつかのすばらしい側を切りました。

彼らには、通常、有名な精神と大衆的な作詞作曲家で材料に執着して、60年代後半に、およそ半ダースの適度のRBヒットがありました。 「甘いインスピレーション」という最も大きさはTop20のポップスのシングルでした。

ヒューストンは60年代の終わりに仲間から抜けました、そして、Inspirationsは70年代前半に大西洋を出ました、エルビス・プレスリーと共に時々働いて、1973年にStaxのためにアルバムを記録して。

60年代の人気が最初に獲得されたすべての多くの女性のグループでは、Sweet Inspirationsはおそらく多くの大切な区別を要求するかもしれません: セッション歌手として、Cissy Houston、Myrna Smith、エステル・ブラウン、およびSylvia Shemwellのユニットはたぶんバックグラウンド歌手のいかなる他のグループよりも当たっている記録で歌いました。 全くの感情を込めることでは、Sweetsは実際には無比でした。 そして、ほとんど例外はなく、カルテットは容易に彼らの時間のチームを記録する最も過小評価された女性のひとりでした。

コンパクトディスク革命があっても、彼らのアトランティックレコードに、素晴らしい仕事の少しは利用可能です: 「最も良い」収集は、私が1994年に生産することを誇りに思っていたIchiban Soul Classicsシリーズを通して発行されましたが、絶版でした。

2個の1968アルバムの2001組み合わせ–「信頼とインスピレーションの歌」とそれ以来の「世界が現在必要とするものは愛です」–最初の大西洋によって派生させられた米国という再発行。