『エール』の主人公のモデル、作曲家・古関裕而。先の戦争では、兵士たちを鼓舞する戦時歌謡の作曲家として活躍。その体験が、戦後の作品にどう影響を与えたかを紐解く。『英雄たちの選択「昭和に響いた“エール”~作曲家・古関裕而と日本人~」』6月10日放送
http://amass.jp/135303/